スマートコントラクト

スマートコントラクト

1.契約とは

(1)従来の契約が想定しているもの

「契約」と聞いてすぐ思い浮かぶのは、一方の当事者が特定の物を「買う」という意思表示と、他方の当事者がそれを「売る」という意思表示が合致する、すなわち合意がなされる場面だと思います。

この契約は、当然、その場で生身の「意思」を持った人間によって交わされることが大前提になっています。

従来の法律も「意思」ある人間を前提に制定されています。

(2)従来の契約が想定していない新しい技術の登場

しかし、最近「ブロックチェーン」という技術を用いた「スマートコントラクト」という手法の開発が進み、この前提(生身の意思がある人間)が根底から覆されようとしています。

つまり、コンピューター同士が、プログラミングに従って、一定の条件が満たされたと判断して自動的に契約を締結し、それに基づいた取引を自動的に執行するという技術が登場しているのです。

2.ブロックチェーンの意義と特徴

まず、ブロックチェーンという技術は、一般的に「分散型台帳技術」と訳され、ここ数年ホットな話題となっている仮想通貨(ビットコイン)を支える技術として知られています。

ブロックチェーンという技術そのものよりも、この技術がもとになって流通する仮想通貨の方をご存知の方が多いかもしれません。

このブロックチェーンは、不特定多数のノード(コンピューター)間で、データを共有しあうことによって、中央集権型のサーバを必要とせずに、データを保存することを可能にする技術です。

複数のノード間で絶えずデータを更新するため、書き換えが困難、すなわちデータの改ざんが困難な技術として、そのセキュリティー耐性の高さでも注目されています。

たとえば、あるコンピューター上でブロックチェーン上の情報を書き換えようとしても、複数のノード間で不可分にデータを共有しているがゆえに、共有データと辻褄の合わない書き換えがデータ処理上弾かれ、結局、書き換えができないことになるというものです。

このサーバを必要としない「非中央集権型」であることと、そのデータの改ざんの困難性ゆえに、仮想通貨や国際送金などの金融面から、さまざな商取引の履歴確保による公正さの確保に至るまで、さまざな分野への応用が期待されています。

3.スマートコントラクト

(1)スマートコントラクトの登場

この技術をもとにスマートコントラクト(簡単に言うと契約の自動化)という手法が登場しました。

先述のブロックチェーンのメリットを敷衍すると、取引履歴の追跡を可能にし、また取引履歴の改ざんを困難にすることより、人の手が入る余地を極限まで少なくし、取引の公正さ透明性を確保できるようになったということです。

これはハッキングすれば、そのデータ群全体を書き換えることができてしまうサーバによる「中央集権的な」データ管理では、決して実現しえなかったことでしょう。

(2)スマートコントラクトが想定している将来環境

この技術によって、人間があらかじめコンピューターに対し一定の指令をプログラミングしておけば、コンピューターが勝手に条件の成就したか否か(例えば、相手方企業のコンピューターから、ある電子製品の部品の需要が一定量に達したという指令があり、かつ同時に相手方企業の財務データからして当該部品の代金の支払い能力があるか)を判断し、条件の成就があったと判断されれば、自動的に発注・納品の情報伝達(合意)が行われ、相手方企業では工場のラインから自動的に必要量の部品が製造され、これをドライバーが運送し始めたという指令を一方企業に送れば、オンラインの口座上で自動入金がなされる、といったような取引が現実のものになる、ということです。

それでいて、どのような種類の製品がどれだけの数量、いつ、発注され、出荷されたか、それに何円かかったのか、などの情報もすべて改ざんできない情報として記録されることになり、事後の紛争化も防ぐことができます。

ここでは、人間が関与するのは最初のプログラミングと、場合によって必要となる契約執行の手助けぐらいです。

「意思」ある生身の人間の合意とは大きく様変わりした契約のあり方がわかっていただけるかと思います。

(3)既に展開され始めたスマートコントラクトを利用したサービス

最近では、音楽業界でも(アメリカのベンチャー企業のサービスですが)スマートコントラクトを用いた革命が起こりつつあります。

従来、音楽アーティストは、レコードを発売しても、音楽事務所、レコード会社などの音楽配信プラットホーム企業(Google、iTunesなど)やYOUTUBEなどの動画配信会社など、配信プラットホームの運営組織に利益の多くが持っていかれる状況が続いてきたと言われています。

なぜなら、音楽の配信(ストリーミング再生)と音楽情報の保管には膨大な容量が必要となり、そのために「中央集権型のサーバ」が必要だったからです。

しかし、そこに、ブロックチェーンによるスマートコントラクトの技術が入ってくるとどうなるか。

プログラムの自動実行機能を実装したスマートコントラクトのブロックチェーンであれば、各ノード間に分散的に保存・登録した楽曲をダウンロードするシステムが構築可能になります。

すなわち、従来必要とされてきたサーバーが不要になるということです。

これは、莫大なサーバの管理能力を強みとしてきた既存のプラットホーム事業者を必要としないことを意味します。

これによって、アーティストは、自身の楽曲をブロックチェーン上に保存し、一定の指令がリスナー(買い手)からあった場合に、自動的に楽曲を配信し、リスナーが登録した電子ウォレットから自動的に電子マネーを差し引くというプログラミングが可能になります。

サーバにかかるような膨大な管理費用とは無縁なブロックチェーンは、リスナーからの代金の20%程度を手数料として差し引けば、あとはアーティストにすべて還元できるような技術を実装することが可能です。

このようなコスト面の恩恵も、ブロックチェーンはもたらすのです。

(4)スマートコントラクトの法律上の問題

以上述べたように、ブロックチェーンに基づくスマートコントラクトの技術には様々なメリットがあります。

ただ一方で、「意思」なき機械による契約であることから、生身の人間を前提とした契約法理があてはまらず、法整備が追いついていない状況があります。

実際、プログラミングが、人間の予想を超える指令を出して契約を締結した場合、この人間の「意思」をこえた契約の効果をどう扱うのか、効力を認めるとして解除しうるのか、その場合の責任の所在は、各当事コンピューターを取り扱う企業にあるのか、それとも法人格という法技術によって自然人以外にも法責任を肯定したことと同じように、コンピュー自体に責任を認め、その管理者である企業に株主の有限責任のような一定の責任免除の取り扱いを認めるのか等、さまざまな議論があるところです。

このような議論は、まだ始まったばかりであり、スマートコントラクトを利用した具体的なサービス展開が今はまだ過渡期という中では、実際の法整備がなされるのは当分先になるかと思います。

ただ、今のうちから少しだけ頭の片隅に置いておかれると、今後のニュースがわかりやすいかもしれません。