法人・事業主の方へ

会社倒産

自己破産

自己破産とは、債務者が破産申請を自身で申し立てることです。企業が自己破産申請を行うと、最初に裁判所により、申請した企業が実際に債務支払いが困難な状況かどうかを調べることになります。
次に、自己破産申請が承認されると、破産手続開始決定が出され、それと同時に裁判所が破産管財人を選任します。
選任された破産管財人が、申立人の財産管理を行って、その財産を強制的に金銭に変換することで、債権者に均等に分配を行うことができます。
この自己破産手続きには、通常6カ月以上の期間を要します。
そして、企業が自己破産手続きを行う場合、破産により企業は消滅しますので、それ以降、企業として活動はつづけられません。

特別清算

特別清算とは、解散による通常清算を行っている最中の株式会社について、清算の遂行に明らかな影響を及ぼす事情や債務超過の疑いが出てくる場合に、裁判所の命令によって特別に遂行される手続のことです。
この制度が利用可能な企業は、清算中の株式会社に限定されますので、未だ解散をしていない企業は解散した後に申し立てなければなりません。