法人・事業主の方へ

知的財産権

知的財産権

「知的財産権」は、昨今にわかに注目を集めており、今後ますますその重要性は高まっていくものと思われます。ただ、一口に「知的財産権」といっても、その内容は多岐にわたっており、特許法、著作権法、意匠法、商標法、実用新案法、不正競争防止法などの多くの法律により、規定されています。
ここでは、特に重要である「特許権」と「著作権」について、ご説明します(不正競争防止法については改めてご説明します)。

特許権とは

特許権は、一般的に企業にとって最も関係の深いものであるとともに、その企業戦略にとって重要な一端を担うものです。特許権を取得することは、世間では「特許を取る」と言われています。特許権は、「発明」について与えられ、その「発明」を自社が独占的に使用できるという非常に強力な権利です。すなわち、努力をして「発明」をした見返りとして、特許権という独占的な利用権を取得できるのです。
もっとも、「発明」というと、一握りの天才や日本を代表する企業などが行うものであって、中小企業には関係がないと思われている方も多いかもしれません。しかし、実際には、ネジ一本やナット一つについても特許権を取得でき、そのような実例はたくさんあるのです。一見すると大した発明ではないと思えるものであっても、特許権を取得できる可能性は十分にあると言えます。

特許権の取得方法

特許権は、特許庁に対して、出願と呼ばれる行為すなわち権利の取得の申立てを行い、この出願された発明について特許権を付与してよいかの審査が行われ、すべきであるとの判断がなされた場合、その発明の内容が特許庁に登録され、特許権が与えられます。 つまり、登録により初めて特許権が与えられるのです。したがって、逆に言えば、いかに自社が他社に先んじて発明したものであっても、特許庁に登録されていない以上、原則として特許権を取得することはできず、権利を主張することはできません。少しでも特許を受けられる可能性があるのかもしれないと思われた場合、一刻も早く出願を検討するのが得策でしょう。

特許権を取得するメリット

出願した発明に特許権が付与されると、特許を取得した者が独占的にその発明を利用できるようになります。つまり、第三者が勝手にその発明を利用した場合、特許権に基づき以下の請求が可能となります。

  • ① 「自社が特許権を有している発明を勝手に利用するな」という差止請求が可能となります。
  • ② 不正利用されることにより損害を被った場合、損害賠償請求も可能となります。

このように、発明を勝手に利用された場合には、特許権は大きな盾となるのです。
また、もう一つ大きなメリットがあります。上記の通り、特許権が付与された発明については、他社は勝手に利用することができません。しかし、特許権を取得した発明が魅力的なものであればあるほど、他社としては対価を支払ってでも利用させてもらいたいと考えるのが通常です。その場合に行われるのがライセンス契約です。

ライセンス契約とは?

自社が有する特許権の使用を他社に許可するという契約です。このライセンス契約には様々な種類がありますが、総じて、他社に利用を許可する代償として、その発明の利用料(ライセンス料)の支払いを受けることを契約内容に規定することが一般的です。すなわち、他社による不正使用による自社の損害を防止するとともに、さらに一歩進んで他社からの収益をあげることができる可能性まであるのです。
加えて、特許権の他のメリットとして、特許権を取得したにもかかわらず自社にとっては不要な特許権である場合には、その特許権を必要とする他社に有償譲渡して収益を上げることも当然可能です。
普段何気なく使用しているその技術、あなたの企業を救う救世主となり得るかもしれませんよ。

著作権とは

もう一つ企業活動にとって重要な知的財産権として、著作権があります。近年では、すっかり馴染みのある言葉になりましたが、その具体的な内容を正確に把握している方は少ないのではないでしょうか。
著作権は、著作権法により規定されています。著作権法は他にも著作者人格権、著作隣接権など類似の権利についても規定していますが、以下では著作権についてのみ簡単にご説明します。

著作権 特許権
対象

表現(音楽や絵画、文章など)

発明(企業の技術など)

取得条件

緩い

審査が必要

行政庁への登録

不要

必要

著作権とは、「表現」についての独占的な権利です。つまり、特許権とは異なり、「発明」ではなく、写真や音楽や文章など「表現」について与えられる権利です。この著作権についても、有名な音楽家の曲や有名画家の絵画、有名な文豪による文章など、文化レベルの高い表現物にのみ発生すると思われているかもしれません。

しかし、著作権については、取得するための条件自体は特許権などと比べ非常に緩く、原則として、自分が自由に創作した表現物についてはその出来映えに関係なく発生するとされています。たとえば、今現在私が書いているこの稚拙な文章にすら、著作権は発生しており、当事務所はその著作権を有しているということです。

また、もう一つ著作権を取得することを容易にしている点として、著作権は特許権とは異なり、行政庁への登録を必要としないのです。つまり、その表現物を作成したと同時に自動的に発生します。このように、著作権は非常に容易に発生する権利なのです。

著作権を取得した場合のメリット

著作権を取得した場合、その表現物を独占する権利を取得します。すなわち、第三者が勝手にその表現物(著作物)を使用などした場合、著作権侵害として、その行為の差止請求、また、被った損害についての損害賠償請求が可能となります。
また、特許権におけるライセンス契約と同様に、第三者に対して、その表現物の利用を契約によって許可することができ、その中で対価を得ることも可能です。

著作権侵害の危険性

もっとも、先ほど述べました通り、著作権は容易に取得できる権利であるからこそ、逆に他者も容易に著作権を取得できるのであり、企業活動の中で、全く意図しないうちに他者の著作権を侵害してしまうことも多分にあります。たとえば、インターネット上で見つけた文章や画像を引用して自社のホームページに使用するような行為も、著作権侵害となることが十分にあり得るのです。このように、他の知的財産権に比べ、権利者・権利を侵害する者のどちらにも容易になりうることで、企業活動に深く関わってくるのが、著作権なのです。

今後、知的財産権についての権利意識がますます高まっていくことは間違いないでしょう。そのような社会状況下で企業活動を円滑に進めるためにも、今のうちに自社の知的財産戦略を構築しておく必要があるでしょう。当事務所はいつでもお手伝いさせていただきます。