交通事故を起こしてしまった方

加害者の法的責任

事故を起こしてしまったら

事故を起こしてしまった場合、加害者はその責任を負わなければなりません。交通事故を起こしてしまった場合の法的責任については、大きく二つに分かれます。被害者に対して損害を金銭的に賠償しなければならない民事上の責任と、刑事法が適用され刑事罰(罰金・懲役など)が科される可能性のある刑事上の責任です。
これらはそれぞれ独立した責任ですので、一方のみの責任が科されることもありますし、両方の責任が科されることもあります。 また、手続きとしても別個独立のものですので、それぞれが別々に進行していくことになります。

六法全書

民事上の責任

民事上の責任とは、被害者に対する損害賠償責任をいいます。具体的にいくら賠償しなければならないのかについては、完全にケースバイケースに決まるのではなく、一定の基準がありますので、それに従って決めていくことになります。ですので、逆にその基準に従っていない請求を受けている場合には、きちんと反論していかなければなりません。
また、特に死亡事故や後遺障害が残る事故の場合には、賠償額が高額になり、ご加入されている保険内容しだいではカバーできない場合も出てきてしまいます。

刑事上の責任

事故を起こして相手方が死亡・ケガをしてしまった場合には、刑法に規定されている自動車運転過失致死傷罪や場合によっては危険運転致死傷罪の適用が問題となります。この場合、刑事事件としての扱いになりますので、検察・警察が捜査をしたうえで、必要であると判断すれば起訴されることとなります。これらの犯罪に問われた場合、罰金刑を課される場合だけでなく、執行猶予が付かずにいきなり懲役刑が科されることもあります。刑事事件については、初動での対応が非常に重要ですので、一刻も早く弁護士に相談することをおすすめいたします。

事故を起こしてしまった方メニュー