ご相談の手順と費用

刑事事件

弁護士費用

刑事事件

※下記の費用は、全て税抜き価格です。
※下記費用のほかに、実費(印紙代、切手代、交通費など)、日当等が必要となります。

① 相談料

初回30分まで 30分以降
相談料

無料

30分ごとに5,000円

※「初回」とは、当事務所を初めてご利用いただく方をいいます。

② 刑事事件の訴訟費用

(a) 着手金

着手金
被疑者が在宅の場合

20万円

被疑者が身柄拘束されている場合

30万円

※起訴された場合は、その時点で+10万円を追加でいただきます。
※起訴後(被告人)での受任の場合、上記表にプラス10万円を追加した金額となります。
※ただし、否認事件の場合は、事件の難易度により追加料金をいただくことがあります。

(b) 報酬金

報酬金
不起訴となった場合

20万円

略式起訴となった場合

10万円

執行猶予付き判決となった場合

20万円

減刑された判決となった場合

10万円〜

無罪または一部無罪判決の場合

40万円〜

(c) その他の費用(オプション)

保釈申請の報酬金

保釈が認められた場合のみ追加で10万円(※1)

勾留の執行停止

執行停止が認められた場合のみ、追加で10万円

接見禁止の解除または一部解除

解除が認められた場合のみ、追加で5万円

準抗告・抗告

追加で10万円

※1.保釈申請自体には費用はかかりません。
※事件の受任前の接見費用は、1回につき3万円です。

ご相談の手順と費用メニュー