ご相談の手順と費用

弁護士費用について

弁護士費用の種類

弁護士にご依頼いただく場合にかかる費用については、以下のものがあります。

① 相談料

  • 事件の受任前の法律相談のみにかかる費用です。

※事件の受任後のお打ち合わせにはかかりません。

② 着手金

  • 弁護士が事件処理を受任した時に、最初にいただく報酬です。事件処理の成功・不成功に関わらずいただくもので、結果に関わらず返金はされません。
  • 事件が終了した段階でいただく下記③「報酬金」とは別にいただく報酬となります。
  • 依頼される案件の種類や難易度、請求額によって金額は変わってきます。
  • また、訴訟事件では審級ごと(一審・控訴審・上告審)に着手金が別途発生しますが、引き続き控訴審・上告審と受任する場合には 着手金を減額することが可能です。

③ 報酬金

  • 事件が解決・終了した時点で、その成果に応じていただく報酬です。
  • 報酬金は、固定報酬金と成果報酬金に分かれている場合もあります。
    固定報酬金と成果報酬金に分かれている場合、固定報酬金については、相手方から得られるものがない場合や案件が途中で終了した場合にも発生します。
  • 依頼される案件の種類や難易度、獲得額や減額金額などによって金額は変わってきます。

④ 出張手当

遠方の裁判所へ出向かなければならない事件の場合、出張手当をご負担いただきます。要する時間が半日の場合には1〜2万円、1日の場合には3〜5万円が目安となります。

⑤ 実費

弁護士報酬とは異なりますが、上記①〜④とは別に、事件処理をする上で必要となってくる「実費」について、その都度依頼者の方にご負担していただきます。

実費としては、裁判所に納める収入印紙代、郵便切手代、記録謄写(コピー)・記録取り寄せ費用、証明文書発行費用、交通費、宿泊費、通信費などがあります。

弁護士費用

法人・個人事業主の方へ

法人・個人事業主の方

個人の方へ

相続の事案

不動産関係の事案

交通事故の事案

労働問題の事案

離婚の事案

借金の事案

その他の民事事件

契約書・内容証明郵便の作成

刑事事件

ご相談の手順と費用メニュー