採用情報

先輩の声

白濱法律事務所との出会い

弁護士 西尾 裕一郎(アソシエイト)

弁護士 西尾 裕一郎

僕は、マチ弁といわれるタイプの弁護士になりたかったので、様々な事件を経験し、その中で自分の能力を伸ばしていきたいと考えていました。

そのため、様々な事件を扱っている事務所への入所を希望していましたし、また、指導をしっかりとしてもらえるところで、気軽に相談できる年齢・期の近い先輩弁護士がいるところを探していました。

そんな中、白濱法律事務所は、パートナーがしっかりと指導をしてくれるということでしたし、年齢・期の近い先輩弁護士が複数名所属していました。そして何といっても、様々な事件を数多く担当しているというところが魅力的でした。

まさに僕の希望どおりの事務所でしたので、是非とも入所したいと思い、応募しました。その結果、複数名の応募者の中から、幸いにして採用してもらい入所することができました。

働いてみて

働かせてもらったところ、実際に数多くの様々な事件があり、僕も色々と経験・勉強させてもらいました。調停や訴訟事件についても、相当な数があります。

交通事故、建物明渡、貸金返還請求、離婚事件、相続事件はもちろんのこと、境界確定、日照権侵害、建築紛争、遺言無効確認事件、労働事件、労災事件、破産申立、破産管財、知的財産に関するものなど挙げていくとキリがありません。刑事事件も数多くあります。他にも、行政側から相談を受けることもありますし、顧問となっている会社が数十社あるため、企業からの相談も数多くあり、契約書の作成や契約書のチェック(英文のときもあります)、事業承継に関するものなどの仕事もあります。同期の弁護士と比べても、経験した事件の種類の数は、突出していると感じます。

このように様々な事件を担当することで得た知識経験が、それとはまた別の事件で役に立つことがよくあります。また、研修などにも参加させてもらい、日々研鑽を積んでいるところです。

先輩弁護士から学んだこと

指導の点については、書面の書き方や立証方法はもちろんのこと、相手方代理人・裁判官との対峙の仕方、法廷での立ち振る舞い、尋問におけるノウハウなど多くのことを教えてもらいました。もっといえば、パートナーの事件の見立てはとても鋭く、また、バランス感覚や物事を他覚的に捉える能力もすぐれていて、本当にいろいろな面で勉強させてもらいました。

また、パートナーは、曲がったことが嫌いですし、弁護士としての信念を持っているので、いわゆるスジ悪な事件はありません。一方で、救済すべき事件はその金額の多寡を問わず、積極的に受任しています。いつも弁護士としてどうあるべきか、どんな弁護士になりたいのかを考えさせてもらえる環境です。

先輩弁護士からも色々と教えてもらいました。各弁護士によって物事の捉え方が違っていたりするので、パートナーとは違う考えを持っていたりしてとても勉強になりましたし、パートナーにはなかなか聞けないようなことを気軽に質問できるのでとても助かりました。また、いつも先輩後輩関係なく、法的解釈の問題や事実認定の問題などについて活発な議論が行われています。

仕事終わりなどに、アソシエイトだけでご飯にいったり、飲みにいったりもして親睦を深めています。みんなとても仲良くやっています。

プライベートは?

また、プライベートの点についても、平日に休みがとれるので(1年目でも取れます)、普段混雑するようなところにも空いている日に家族で行けて、充実した日を送ることもできています。また、年に1回程度事務所旅行があり、海外に連れて行ってもらったりしています。事務所旅行はいつも楽しみにしています。

当事務所は、将来独立を考えている人だけでなく、弁護士としての腕を磨いていきたいと考える人(それに加えてワークライフバランスを重視する人)にとっても、とても良い環境だと思います。

弁護士 西尾 裕一郎

今後の展望

目の前の事件一つ一つに一生懸命取り組んでいき、その中で得た知識経験をまた別の事件で生かしていく。そして、いずれの事件についても、よりよい解決ができるように尽力していきたいと考えています。

また、所属弁護士同士での意見交換や議論なども通じて、研鑽を積んでいき、事務所全体でレベルアップしていきたいと考えております。依頼者の適正かつ迅速な権利利益実現を目指して努めていきたいです。